UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 56877

Vivado タイミング - ラッチ解析パラメーター "Time given to startpoint” および “Time borrowed from endpoint" について

説明

ラッチが含まれているデザインで Vivado ツールのタイミング解析を実行すると、タイミング レポートに次のパラメーターが含まれています。これら 2 つのパラメーターの概要とその値について教えてください。

ソリューション

Time borrowed from endpoint:

ラッチ デバイスがエンドポイントにあるパスでは、借用時間は 1 つ前の同期デバイスで使用されるラッチのクロック サイクル時間を指します。つまり、ラッチが 1 クロック パルス中アクティブなとき、ラッチのイネーブル後に 1 つ前の同期デバイスとラッチ間のパスでキャプチャされるデータが変動する場合、ラッチから借用する時間が生成されます。

たとえば、次の 2 段ラッチ デザインでは、Latch1 と Latch2 間の組み合わせロジック ブロックの遅延が Latch2 と Latch3 間の遅延よりも大きくなる場合があります。 この差異をなくすよう、最初の段で 2 番目のクロック サイクルの時間を借用することが可能です。このイベントでは、2 番目のクロック サイクルの時間が Latch2 と Latch3 間の組み合わせロジック ブロックを処理できる時間を残しながら短くなります。



Time given to startpoint:
上の画像でこのパラメーターの意味が示されています。同期エレメントからラッチまでのパス遅延になります。

AR# 56877
日付 06/09/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
このページをブックマークに追加