UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 5688

LogiCORE PCI - ターゲット アプリケーションで、STOP_IO がアサートされ、 S_TERM が Low、S_READY が High になる

説明

キーワード : STOP_IO, S_TERM, S_READY, target or slave, PCI, ターゲット, スレーブ

重要度 : 標準

概要 :
『PCI32 User's Guide』 にある表 6-1 「Data Phase Constrol Signals for Targets」には、S_TERM および S_READY の値に基づいた、ターゲット アプリケーションの 4 つのコンディションが記述されています。 2 つめのコンディション「Normal」では、STOP_IO の値がロジック High になっています。

S_TERM が Low で、S_READY が High であっても、STOP_IO が実際にはロジック Low になることは可能です。

ソリューション

0、4、8、C で終わらないドレスなど、無効なアドレス ロケーションがターゲットに与えられると、ある時点で無効な操作が行われたことを示すため、ターゲットが STOP_IO をアサートすることがあります。

これは、STOP_IO がアサートされる可能性のあるコンディションの 1 つで、ほかのコンディションも考えられます。
AR# 5688
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般