UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57264

Vivado IP インテグレーター - ブロック デザイン (BD) の出力をリセットし、完全に再生成する方法

説明

Vivado IP インテグレーターでデザインを入力し、ブロック デザイン (BD) の出力を生成してありました。ところが、BD で使用されている IP の一部が変更されました。

ブロック デザイン (BD) の出力をリセットして、完全に再生成するにはどうしたらよいでしょうか。

たとえば、パッチを適用したり、リポジトリを変更したり、デザインで使用されているユーザー IP をアップデートし、また最初からやり直したい場合、出力を再生成して、IP のローカル コピーがすべて消去されていることを確認するにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

プロジェクト モードで作業している場合、BD の出力ファイルの生成は、デザインで使用されている IP のステータスに基づいて自動的に制御されます。

ただし、IP 出力がリセットされ、再生成されることを確実にするには、次の手順に従ってください。

この手順では、デザインで使用されている既存の IP を新しい IP に置き換える、新規 IP リポジトリを追加します。



1) ローカル リポジトリを作成し、それをプロジェクトまたはデフォルトの IP リポジトリ パスに追加します (Vivado 2017.1 以降のバージョン)。

プロジェクト別のリポジトリ:

プロジェクトを開き、[Tools][Settings] [IP][Repository] をクリックします。次に、新しいパスを [IP Repositories] へ追加します。

一般リポジトリ: 複数のプロジェクトで使用されます (Vivado 2017.1 以降のバージョン)。

[Tools][Settings][IP Defaults] をクリックします。次に、新しいリポジトリ パスを [Default IP Repository Search Paths] に追加します。

次に、新しいパスを [Default IP Repository Paths] へ追加します。



2) この新しい IP が IP カタログに含まれていることを確認します。

IP カタログを開き、この新しい IP まで階層を開いていきます。 

この IP を選択し、詳細を表示して、カタログに含まれている IP に正しい VLNV が設定されていること、正しいリポジトリにあることを確認します。



3) この新しい IP バージョンに BD にある IP インスタンスをアップデートします。 

IP の VLNV が BD で使用されている IP から変更されている場合、この作業が必要になります。

a) 次のコマンドを実行します。

report_ip_status -name ip_status

b) ステータスが古い IP をアップグレードします。 

次:

upgrade_ip [get_ips  {my_fifo my_user_core}]

または、デザインの IP コアすべてに対し、upgrade_ips コマンドを実行します (upgrade_ip [get_ips])。


4) 出力ファイルをリセットします。

Vivado の [Sources] で DB ファイルを右クリックし、[Reset Output Products] をクリックします。

これで、ブロック図の生成ファイルがすべて削除されます。


5) Vivado の [Sources] で DB ファイルを右クリックし、[Generate Output Products] をクリックします。

 

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 57264
日付 12/01/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加