UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5747

12.1 タイミング/制約 - ユーザー制約ファイル (UCF) の特定の制約に対する優先度の指定

説明

ユーザー制約ファイル (UCF) 内の特定の制約に優先順位を指定できますか。

ソリューション

はい。FROM:TO や FROM:THRU:TO のようなパス制約に PRIORITY キーワードを使用すると、1 つのパスに適用されている 2 つの制約に対して優先順位を指定できます。

例 :

TIMESPEC TS_01= FROM A TO B 10ns;
TIMESPEC TS_02= FROM A TO B 20ns PRIORITY 1;

PRIORITY キーワードの詳細は、次のサイトにある『制約ガイド』を参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/software_manuals.htm

制約によっても優先順位は異なります。次の制約は、優先順位の高い順にリストされています。


................0. Timing Ignores (TIGs)
................1. FROM:THRU:TO specifications
................2. FROM:TO specifications
................3. Specific OFFSET constraints (specific data IOB)
................4. Group OFFSET constraints (time group of data IOB)
................5. Global OFFSET constraints (for all data IOBs)
................6. ALLPATHS constraints (such as PERIOD)

タイミング制約の詳細は、『Timing Constraints User Guide』 を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf

AR# 5747
作成日 08/21/2007
最終更新日 06/03/2010
ステータス アクティブ
タイプ 一般