UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57673

2013.2 Vivado HLS - 「E [RTGEN-102] Read value from an output port / E [HLS-103] RTL output」というエラー メッセージが表示される

説明

Vivado HLS の RTL 生成で次のエラー メッセージが表示されます。

@I [RTGEN-500] Setting interface mode on function 'top' to 'ap_ctrl_hs'.
@E [RTGEN-102] Read value from an output port: 'top/a_address' to 'top/a_address_read_wireread_fu_54_p2'.
@E [HLS-103] Read value from an RTL output.
Synthesis failed.

コードは次のようになっています。

void top (   int*  a,   unsigned int a_address ) {
#pragma HLS INTERFACE ap_bus depth=1024 port=a
//some code etc..
}

ソリューション

生成された RTL にあるポート名に問題があり、このエラーが発生します。

RTL ポート名は C の名前から派生したもので、interface ap_bus のあるポート「a」は「a_address」が付く名前になり、同じ名前のほかの C の最上位ポートと重複するためエラーが発生します。

この問題を回避するには、C のポート変数「a_address」を a_offset や my_a_address など別のものに変更します。

この問題は現在調査中です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47429 ザイリンクス Vivado HLS ソリューション センター - 重要な問題 N/A N/A
AR# 57673
日付 10/01/2013
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール
このページをブックマークに追加