UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5770

CPLD 9500/XL/XV CoolRunner-II XPLA3 - I/O のシンクまたはソース電流量

説明

キーワード : 9500XL, 9500XV, sink, source, drive strength, シンク, ソース, 駆動, 強度

I/O のシンクまたはソース電流量について教えてください。

ソリューション

詳細は、データシートの DC 特性のセクションを参照してください。 VOH と VOL の列でテスト条件を確認してください。 VOH および VOL に対して保証された最大シンク/ソース電流が記載されています。

デバイスは、電流を供給/シンクできますが、データシートに記載されている値以上の値では、電圧と出力のタイミング遅延が保証されません。

IV 曲線については、次を参照してください。

CoolRunner XPLA3 ファミリのデータシート :
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_index.jsp

CoolRunner-II ファミリのデータシート :
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_index.jsp

XC9500/XL family in (Xilinx XAPP150): "IV Curves for Various Device Families."

IV 曲線は、データシートに記述された制限には一致しません。 これは、IV 曲線が、通常の動作条件で一般的なデバイスを対象として作成されているからです。 データシートに記載されている値は、ワースト ケースの動作条件と各種プロセス形態に適用されます。

ほかのよく寄せられる質問については、CPLD FAQ : (Xilinx Answer 24167) を参照してください。
AR# 5770
作成日 08/21/2007
最終更新日 02/28/2013
ステータス アクティブ
タイプ 一般