UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57930

Zynq-7000 SoC のデザイン アドバイザリ - VMODE が 1.8V に設定されているとバウンダリ スキャン テストでエラーとなる

説明

Zynq-7000 デバイスで PS MIO バンクの VMODE が 1.8V に設定され、VCCO が 1.8V 電源に接続されている場合、PS MIO 入力のバウンダリ スキャン テストでエラーとなることがあります。

対象となるデザイン

バウンダリ スキャン EXTEST コマンドを実行する、VMODE[1:0] が 1.8V に設定された VCCO が 1.8V の Zynq-7000 デバイス。 

1.8V の VMODE[1:0] は、00 でない MIO[8:7] 設定に対応します。

通常、バウンダリ テストはプリプロダクションまたはプロダクション ボード テスト中に使用されます。

ソリューション

回避策

バウンダリ スキャン EXTEST コマンドを実行中、1.8V VCCO 電圧を使用している場合でも、VMODE をパワーオン/リセット時に 2.5V/3.3V に設定する必要があります。 

2.5V/3.3V での I/O の操作は安全で、VCCO が 1.8V に設定された場合に I/O がダメージを受けることはありません。

1.8V MIO VCCO 電圧でのバウンダリ スキャン テストが必要な場合は、VMODE 設定を変更するジャンパーまたはその他の機能がボード上に必要です。

『Zynq-7000 SoC テクニカル リファレンス ガイド』 (UG585) は v1.8 でアップデートされる予定です。

AR# 57930
日付 05/21/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
このページをブックマークに追加