AR# 58087

|

7 Series FPGAs Transceiver Wizard v2.6 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーには、ISE 14.6 および Vivado 2013.2 デザイン ツールでリリースされた 7 Series FPGAs Transceiver Wizard v2.6 のリリース ノートおよび既知の問題が含まれます。

ソリューション

リリース ノート


  • バージョン 2.6
  • GTH に新しいプロトコル テンプレートを追加 - Interlaken
  • GTX、GTH、GTP のプロダクション シリコンをサポートするためポートおよび属性設定をアップデート
  • GTZ トランシーバー用のライン レートを増大
  • TX および RX で非対称データ幅をサポート (コア生成およびインプリメンテーションのみで、シミュレーションではサポートされていません)

既知の問題および制限事項

  • GTH および GTP に対しては、プロダクション シリコンと互換性のある設定が生成されます。これらの設定は、ハードウェア検証中です。
  • GTZ に対しては、Verilog ラッパーが生成されます。VHDL はサポートされていません。
  • GTZ デザインの場合、GUI に表示されているライン レートおよび基準クロックがサポートされます。ほかの値はハードウェアでテストまたは検証されていません。
  • GTZ デザイン用に生成されている Beachfront モジュールを変更しないでください。変更すると、予期せぬ結果が得られる可能性があります。
  • TX および RX で非対称データ幅をサポート (コア生成およびインプリメンテーションのみで、シミュレーションではサポートされていません)。
  • すべての SSIT デバイスに対して Vivavo フローを使用してください。
  • ウィザードで提供されているプロトコル テンプレートは、ハードウェア上で特性化されていません。
AR# 58087
日付 06/13/2017
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
デバイス
IP
People Also Viewed