UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 58292

14.7 - XPS - EMIO SD 書き込み禁止およびカード検出信号が Zynq FSBL で正しくコンフィギュレーションされていない

説明

EMIO を介して、Write Protect (書き込み禁止) または Card Detect (カード検出) の SD インターフェイス信号をエクスポートするとき、FSBL が正しくコンフィギュレーションされておらず、この配線は反映されていません。

ソリューション

SD インターフェイスに対し Write Protect (書き込み禁止) または Card Detect (カード検出) の信号をエクスポートするには、ps7init.c 内にある EMIT_MASKWRITE() 呼び出しを変更する必要があります。

デフォルトの呼び出しは、次のようになっています (SDIO0 インターフェイスの場合)

EMIT_MASKWRITE(0XF8000830, 0x003F0000U ,0x00000000U)

この呼び出しの最初の引数は、レジスタ空間のアドレスで、アップデートの必要があります。2 つ目の引数はアップデートする必要のあるビットのマスクです。最後の引数は、このレジスタ空間のビットの値です。

レジスタのビットの詳細は、Zynq TRM (UG585) のレジスタの詳細のセクションを参照してください。レジスタのビット 21:16 は、Card Detect 信号の位置です。レジスタのビット 5:0 は Write Protect 信号の位置です。

MIO のピン 0 に Card Detect (CD) 信号を、MIO63 など EMIO に Write Protect (WP) 信号を正しく配置するには、関数呼び出しを次のようにアップデートする必要があります。

EMIT_MASKWRITE(0XF8000830, 0x003F003FU ,0x0000003FU)

注記: ps7_init.c ファイルには、このレジスタの EMIT_MASKWRITE() への複数の呼び出しが含まれている場合があります。すべてアップデートしてください。すべてアップデートしてください。


この問題は EDK XPS 14.7 以降でのみ発生し、現時点では修正の予定はありません。Vivado 2013.2 以降のバージョンでは修正されています。

AR# 58292
日付 05/18/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略
Boards & Kits
このページをブックマークに追加