AR# 58307

MIG 7series - IPI ブロック デザインの Interrupt 信号が誤って入力となっている

説明

問題の発生したバージョン : MIG 7 Series v1.9
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 54025) を参照

ECC が有効な場合、MIG には Interrupt という信号があり、これはUG586 によると出力になるはずです。

しかし、IPI の GUI では、この信号が入力と定義されているため、ZYNQ の IRQ_F2P 入力に接続できません。

ソリューション

この問題は IPI デザインでのみ発生します。

RTL が正しければ、IP カタログの MIG をパッケージ化し、カスタム IP として IPI に入れることで問題を回避できます。 


別のオプションとして、<project>.srcs/sources_1/bd/<block diagram>/ip/<block diagram>_mig_7series_0_0/<block diagram>_mig_7series_0_0.xml ファイルの次の行を修正します。

  <spirit:name>interrupt</spirit:name>

  <spirit:wire>

  <spirit:direction>in</spirit:direction>

変更後

  <spirit:name>interrupt</spirit:name>

   <spirit:wire>

  <spirit:direction>out</spirit:direction>

その後、GUI で割り込み入力を出力に変更します。

改訂履歴

2014/11/24 - 初版


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54025 MIG 7 Series - Vivado の IP リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 58307
日付 11/26/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP