AR# 58942

Vivado IP インテグレーター、Zynq-7000 - PL 割り込みを Zynq-7000 PS に接続する方法

説明

PL 割り込みを Zynq-7000 プロセッシング システム (PS) に接続するにはどうすればよいですか。

その順序はどうのようになりますか。

ソリューション

  1. Processor System 7 GUI の [Interrupts] ページで [Fabric Interrupts] をオンにし、[IRQ_F2P[15:0]] チェックボックスをオンにします。
    これで Processing System 7 ブロックで IRQ_F2P ポートがイネーブルになります。

  2. IRQ_F2P ポートはベクター インターフェイスであるため、ペリフェラルからのシングル ビット割り込み信号を接続するには、これらの信号をベクター化する必要があります。
    これには、IP Integrator Concat IP ブロックを使用します。
    ブロック図に Concat IP ブロックを追加し、必要な数の割り込み入力を設定します。

  3. 個々の割り込み信号を Concat ブロックの入力ポートに接続します。
     
  4. Concat ブロックの Dout ポートを Processing System 7 ポートに接続します。

順序 ID

Concat ブロックがインターフェイスをベクター化し、各割り込みを ARM GIC に接続する順序があります。
この順序 ID は xparameters.h ファイルにあります (SDK へのエクスポート)。

2013.4 およびそれ以前のバージョンのソフトウェアの例

Concat IN0[0:0] が IRQ_F2P[15] に接続されている => ARM GIC ID 91

Concat IN1[0:0] が IRQ_F2P[14] に接続されている => ARM GIC ID 90

2014.1 およびそれ以降のバージョン

入力を最下位の IRQ_F2P および GIC ID 61 から増分した昇順になるよう Concat ブロックを変更する予定です。
新しい Concat ブロックの機能で既存の順序を維持するため、2013.4 およびそれ以前のバージョンの既存デザインの自動アップグレード機能が含まれる予定です。

AR# 58942
日付 11/24/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP