UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 58943

7 Series FPGAs Transceiver Wizard v3.1 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーでは、Vivado 2013.4 デザイン ツールでリリースされた 7 Series FPGAs Transceiver Wizard v3.1 のリリース ノートおよび既知の問題を示します。

ソリューション

リリース ノートおよび既知の問題:

1) GTZ Wizard

Vivado Design Suite 2013.4 での GTZ Wizard に関する既知の問題や回避策については、(Xilinx Answer 59305) を参照してください。

2) GTH および GTP で GTRXRESET シーケンスがデフォルトでバイパスされる

問題: GTRXRESET シーケンス モジュールがデフォルトでバイパスされます。

これは、シミュレーション用の UNISIM モデルの要件を回避するためです。GTH の場合は (Xilinx Answer 53779) を、GTP の場合は (Xilinx Answer 53561) を参照してください。

回避策: すべてのモジュールで、EXAMPLE_SIMULATION を 1 から 0 に変更します。

3) EXAMPLE_SIMULATION が gtwizard_0_tx_startup_fsm.v に渡されない

(Xilinx Answer 59184) を参照してください。

4) TX バッファーのバイパスが auto モードでは問題になる

(Xilinx Answer 59150) を参照してください。

AR# 58943
日付 06/20/2017
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
デバイス
  • Zynq-7000
  • Artix-7
  • Kintex-7
  • More
  • Virtex-7
  • Virtex-7 HT
  • Less
ツール
  • Vivado Design Suite - 2013.4
  • Vivado Design Suite
IP
  • 7 Series FPGAs Transceivers Wizard
このページをブックマークに追加