AR# 59186

7 Series FPGA GTZ Transceiver Wizard - Vivado Design Suite 2013.4 における XC7VH870T および XC7VH580T の FLG パッケージ デバイスのサポート

説明

XC7VH580T または XC7VH870T デバイスの FLG パッケージが Vivado Design Suite 2013.4 で選択されていると GTZ Wizard を起動できず、エラーが発生します。

ソリューション

この問題は Vivado 2014.1 の次のバージョンのウィザードで修正されていますが、下に説明されている回避策に従ってください。

サンプル デザインをウィザードから生成するには :

  1. 同等の HCG パッケージ デバイスを使用して example_design を生成します。
    例 : xc7vh870tflg1932-2G デバイスの場合は、xc7vh870thcg1932-2G デバイスを選択してください。
  2. 新しいプロジェクトを希望のデバイスで開きます。
  3. 手順 1 で生成したプロジェクトにすべての IP ソース ファイルを追加します。
  4. デザインを合成およびインプリメントします。


ラッパーをウィザードから生成してユーザー デザインで使用するには :

  1. 同等の HCG パッケージ デバイスを使用して IP を生成します。
    例 : xc7vh870tflg1932-2G デバイスの場合は、xc7vh870thcg1932-2G デバイスを選択してください。
  2. 生成した GTZ ラッパー ファイルをユーザー デザインで使用します。
AR# 59186
日付 02/06/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP