AR# 59291

LogiCORE DisplayPort - DisplayPort Source DPCD の Main Stream Attributes レジスタとユーザー データ インターフェイスに入力されるビデオのタイミングを一致させる必要があるか

説明

DisplayPort Source DPCD の Main Stream Attributes レジスタとユーザー データ インターフェイスに入力されるビデオのタイミングを一致させる必要はありますか。

DPCD レジスタ 0x180 -> 0x1A0 は Main Stream Attributes に対するものです。

ソリューション

DisplayPort Source DPCD の Main Stream Attributes 用レジスタ 0x180 -> 0x1A0 は、送信されるビデオの値を設定するために使用されます。これらの値は、ユーザー データ インターフェイスでコアに入力されるビデオ タイミングに一致させる必要もあります。これらのレジスタは、ビデオのフォーマットまたはタイミングを変換するための方法ではありません。

ビデオ タイミング (Sync および Blank 信号の反転など) を変更する場合は、Video Timing Controller IP を検討してください。この IP では、入力ビデオ タイミングを検出し、その検出されたタイミングに基づいて新しいタイミング信号を生成できます。また、新しいタイミングを生成するように IP をカスタマイズすることも可能です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 59291
日付 02/06/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
IP