AR# 59305

|

Vivado 2013.4 での 7 Series GTZ Transceiver Wizard - 既知の問題および回避策

説明

このアンサーは、Vivado 2013.4 Design Suite で GTZ トランシーバーをターゲットにした 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v3.1 の既知の問題について説明します。

ソリューション

1. GTZ 電源の低下/上昇

問題 : 複数の GTZ レーンが同時にリセットになる場合、パワーアップの状態であるか、パワーダウンの状態であるかにより、電圧プロファイルが低下または上昇します。また、多数の RX がリセットになる場合、一部の TX もその結果エラーになります。

回避策 : この問題が発生するのを避けるため、推奨される GTZ リセット シーケンスをインプリメントする必要があります。このリセット シーケンスについては、(ザイリンクス アンサー 59038) を参照してください。

2. XC7VH870T および XC7VH580T FLG パッケージ デバイスのサポート

問題 : Vivado Design Suite 2013.4 で XC7VH580T または XC7VH870T の FLG パッケージを選択すると、GTZ Wizard が起動せず、エラーになります。

回避策 : (ザイリンクス アンサー 59186) を参照してください。

3. TXPHASECALENn 値が正しくない

問題 : TXPHASECALENn ポートの値が Wizard で間違って設定されます。

回避策 : (ザイリンクス アンサー 59269) を参照してください。

AR# 59305
日付 02/05/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP
People Also Viewed