AR# 59456

2015.2 Vivado 電力 - ダイナミック電力解析と実際の量産シリコン計測値との差

説明

ダイナミック電力解析と実際の量産シリコン計測値との差はどうなりますか。

ソリューション

XPE のダイナミック電力解析の平均誤差は、トグル レート、温度データ、使用率データは正確な状態で +/- 20% です。

デザインのパッキング、配置、配線情報がなく、プロセス変動があるために誤差が生じます。


トランシーバーのダイナミック電力解析の平均誤差は +/- 15% です。

トランシーバーの正確なダイナミック電力値を得る場合については、(Xilinx Answer 61292) を参照してください。


ベクターレス レポートのダイナミック電力解析の平均誤差は、トグル レートが正確でスタティック確率が適用された (set_switching_activity) 状態で +/- 15/% です。

デザイン エレメントまたはコンポーネントの正確なトグル レート情報がなく、プロセス変動があるために誤差が生じます。


複数のコンポーネントに基づいた、トランシーバーのダイナミック電力解析の平均誤差は +/- 10% です。(Xilinx Answer 61290) を参照してください。

トランシーバーの正確なダイナミック電力を得る場合については、(Xilinx Answer 61292) を参照してください。


ベクター (SAIF) レポートのダイナミック電力解析の平均誤差は、正確なタイミング シミュレーションで +/- 10/% です。SAIF とデザインの一致率は 100% です。

プロセス変動が原因で誤差が生じます。


複数のコンポーネントに基づいた、トランシーバーのダイナミック電力解析の平均誤差は +/- 10% です。(Xilinx Answer 61290) を参照してください。

トランシーバーの正確なダイナミック電力を得る場合については、(Xilinx Answer 61292) を参照してください。

AR# 59456
日付 08/07/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール