AR# 59460

2013.4 FSBL : 暗号化されたイメージについての MD5 チェックサムでエラーが発生する

説明

暗号化されたイメージについての FSBL MD5 チェックサムでエラーが発生します。

この問題は、暗号化されたイメージについて MD5 チェックサムを検証する際に、不正な長さフィールドが検討されているため発生します。

暗号化されたイメージでは、PartitionImageLength と PartitionDataLen が同じではありません。

パーティション イメージの全体の長さをチェックサム検証用にコピーする必要があります。

ただし、チェックサム検証用にパーティションをコピーする場合、FSBL が PCAP DMA 向けに
PartitionImageLength と PartitionDataLen の両方を使用するため、一部のバイトが欠落します。

ソリューション

この問題を解決するには、これらの変数のうち 1 つのみ (たとえば PartitionImageLength) を一貫して使用するようにしてください。
 
u32 PartitionMove(u32 ImageBaseAddress, PartHeader *Header)
{
                // Update the length fields for header
/*
                 * For Signed or checksum enabled partition,
                 * Total partition image need to copied to DDR
                 */
                if (SignedPartitionFlag || PartitionChecksumFlag) {
                                ImageWordLen = Header->PartitionWordLen;
                                DataWordLen = Header->PartitionWordLen;
                }
               
                // For Linear devices, copy data to DDR using PCAP
                Status = PcapDataTransfer((u32*)SourceAddr,
                                                                                (u32*)LoadAddr,
                                                                                ImageWordLen,
                                                                                DataWordLen,
                                                                                SecureTransferFlag);
 
                // For non-linear devices copy data using MoveImage
}

AR# 59460
日付 05/16/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス