UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 59460

2013.4 FSBL : 暗号化されたイメージについての MD5 チェックサムでエラーが発生する

説明

暗号化されたイメージについての FSBL MD5 チェックサムでエラーが発生します。

この問題は、暗号化されたイメージについて MD5 チェックサムを検証する際に、不正な長さフィールドが検討されているため発生します。

暗号化されたイメージでは、PartitionImageLength と PartitionDataLen が同じではありません。

パーティション イメージの全体の長さをチェックサム検証用にコピーする必要があります。

ただし、チェックサム検証用にパーティションをコピーする場合、FSBL が PCAP DMA 向けに
PartitionImageLength と PartitionDataLen の両方を使用するため、一部のバイトが欠落します。

ソリューション

この問題を解決するには、これらの変数のうち 1 つのみ (たとえば PartitionImageLength) を一貫して使用するようにしてください。
 
u32 PartitionMove(u32 ImageBaseAddress, PartHeader *Header)
{
                // Update the length fields for header
/*
                 * For Signed or checksum enabled partition,
                 * Total partition image need to copied to DDR
                 */
                if (SignedPartitionFlag || PartitionChecksumFlag) {
                                ImageWordLen = Header->PartitionWordLen;
                                DataWordLen = Header->PartitionWordLen;
                }
               
                // For Linear devices, copy data to DDR using PCAP
                Status = PcapDataTransfer((u32*)SourceAddr,
                                                                                (u32*)LoadAddr,
                                                                                ImageWordLen,
                                                                                DataWordLen,
                                                                                SecureTransferFlag);
 
                // For non-linear devices copy data using MoveImage
}

AR# 59460
日付 05/16/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
このページをブックマークに追加