UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5965

5.1i タイミング、制約 - FROM:THRU:TO が適用されるはずのパスが PERIOD 制約で解析される

説明

キーワード : FROM, THRU, TO, PERIOD, 1.5i, 2.1i, 3.1i, 4.1i, 5.1i, タイミング, 制約

重要度 : 標準

概要 :
FROM:THRU:TO 制約が適用されるはずのパスが PERIOD 制約で解析されてしまいます。

ソリューション

この問題は、複数の制約が交差して使用されているために発生します。 デザインに重複した制約や必要のない制約が複数設定されている可能性があります。 このような制約は、タイムグループが重複して定義されているため認められません。 たとえば、FROM:THRU:TO 制約が PERIOD 制約のサブセットでない場合、制約同士が交差してしまいます。

この問題を解消するには、重複した制約やタイミング要件の数を減らし、さらに特定化した制約を設定してください。

詳細については、(Xilinx Answer #5939) および (Xilinx Answer #9297) も参照してください。
AR# 5965
作成日 08/31/2007
最終更新日 11/10/2011
ステータス アーカイブ
タイプ 一般