AR# 59654

2013.4 Vivado - Vivado インプリメンテーションによるリセット ネットへの BUFG の自動挿入を制御する方法

説明

Vivado インプリメンテーション フローでは、ファンアウトが 50,000 で、グローバル リソースを使用するクロック バッファー (BUFG および BUFHCE) の総数が 12 に達していない場合に、リセット ネットに対して BUFG が自動的に挿入されます。

ソリューション

これらの 2 つのしきい値は、次のパラーメターで変更できます。

ファンアウトのしきい値をデフォルトの 50000 から変更する場合 :

set_param logicopt.thresholdBUFGinsertHFN 20000 

デザインに含まれる BUFG とインスタンシエートされる BUFHCE の総数のしきい値を変更する場合 :

set_param logicopt.thresholdBUFGperRegion 15

注記 : このしきい値は総数を指定します。このパラメーター名からは解釈を間違いやすいので注意してください。


AR# 59654
日付 06/19/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール