AR# 59989

MIG UltraScale - デザインに MIG コアが複数含まれていると、クリティカル警告メッセージが表示される

説明

問題の発生したバージョン : v5.0
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 58435) 参照

デザインに MIG コアが複数含まれている場合に、それらの各インスタンスでのアウト オブ コンテキスト (OOC) がオフになっていると、すべての MIG コアで同じファイル名が使用されていることが原因の、次のようなクリティカル警告メッセージが表示されます。

CRITICAL WARNING: [filemgmt 20-1741] File "riuMap.vh" is used by both "mig_0" and "mig_1", but with different contents. This may lead to unpredictable results.
Please use the report_ip_status command to resolve the differences or synthesize the modules independently. (Files are: "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_0/rtl/map/riuMap.vh" and "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_1/rtl/map/riuMap.vh")


CRITICAL WARNING: [filemgmt 20-1741] File "ddrMapDDR4.vh" is used by both "mig_0" and "mig_1", but with different contents. This may lead to unpredictable results.
Please use the report_ip_status command to resolve the differences or synthesize the modules independently. (Files are: "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_0/rtl/map/ddrMapDDR4.vh" and "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_1/rtl/map/ddrMapDDR4.vh")


CRITICAL WARNING: [filemgmt 20-1741] File "iobMapDDR4.vh" is used by both "mig_0" and "mig_1", but with different contents. This may lead to unpredictable results.
Please use the report_ip_status command to resolve the differences or synthesize the modules independently. (Files are: "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_0/rtl/map/iobMapDDR4.vh" and "/proj/dsv_xhd/pparata/work/temp/run/multi_mig/example_top/mig_0_example/mig_0_example.srcs/sources_1/ip/mig_1/rtl/map/iobMapDDR4.vh")


ソリューション

この問題は OOC がオフになっている場合にのみ発生します。 

各 MIG インスタンスの OOC をオンにするか、次の回避策を使用してください。

  1. <core_name>.sv およびコントローラーの各インスタンスの <core_name>_mig.sv 以外すべての MIG RTL ファイルを名前が一意になるように変更します。
    次に、これらのファイルがインスタンシエートされる核モジュール内のインスタンシエーション名を変更します。

  2. 新しい一意の名前をそれぞれ使用して <core_name>.xml ファイルをアップデートします。

  3. 2 つあるコントローラーのどちらかの BUFG のロケーションを手動変更します。
    同じ垂直ラインで、複数のコントローラーの BUFG を割り当てることはできません。
    どちらかのコントローラーの BUFG を別の垂直ラインに移動させる必要があります。
    サポートが必要な場合は、ウェブケースを開いてください。

改訂履歴 :
2014/7/8 - 手動の回避策をアップデート

2014/04/16 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
58435 MIG UltraScale - IP Release Notes and Known Issues for Vivado 2014.1 and newer tool versions N/A N/A
AR# 59989
日付 07/08/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP