AR# 60091

ライセンス - LM_LICENSE_FILE の値の区切り方が間違っているため、VLM (Vivado License Manager) が JRE で致命的なエラーとなる

説明

Windows 7 に Vivado 2014.x をインストールした後、VLM (Vivado License Manager) を開こうとすると、それがクラッシュします。

hs_err ログ ファイルが作成されています。 

このファイルの上部に次のような記述があります。

# A fatal error has been detected by the Java Runtime Environment:
#
#  EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION (0xc0000005) at pc=0x000007fef4cd9b5b, pid=4540, tid=1932
#
# JRE version: Java(TM) SE Runtime Environment (7.0_40-b43) (build 1.7.0_40-b43)
# Java VM: Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (24.0-b56 mixed mode windows-amd64 compressed oops)
# Problematic frame:
# C  [libXil_lmgr11.dll+0xa9b5b]
#
# Failed to write core dump. Minidumps are not enabled by default on client versions of Windows
#
# If you would like to submit a bug report, please visit:
#   http://bugreport.sun.com/bugreport/crash.jsp
# The crash happened outside the Java Virtual Machine in native code.
# See problematic frame for where to report the bug.
#

---------------  T H R E A D  ---------------

Current thread (0x000000000ac41000):  JavaThread "SwingWorker-pool-2-thread-1" daemon [_thread_in_native, id=1932, stack(0x000000000ec80000,0x000000000ed80000)]

siginfo: ExceptionCode=0xc0000005, reading address 0x0000000000000414

ソリューション

これは、LM_LICENSE_FILE 変数の値が間違っていることが原因で発生します。 

たとえば、LM_LICENSE_FILE 変数の値が次のようになっていると、致命的なエラーが発生します。

2100@server1,1800@server2,2001@server3:2001@basilisk:2001@server5:2001@server6,1650@server7,1650@server8,c:\users\username\Xilinx.lic,2100@server9

ライセンス ロケーションがカンマで区切られていることに注目してください。  

カンマは、3 つのサーバーを使用した冗長化において、3 つのサーバーを区切る場合にのみ、使用されます。  

それ以外の場合は、Windows の場合はセミコロン、Linux の場合はコロンを使用して、ライセンス ロケーションを区切ります。

カンマをセミコロンに変更すると、この致命的エラーを解決でき、ライセンスは使用できるようになります。


 


添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
hs_err_pid4540.log 28 KB LOG
AR# 60091
日付 05/29/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール