UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 60111

インストール - [Add Design Tools or Device] をクリックしてインストール後のオプションの 1 つだけを実行できない

説明

Vivado 2014.x インストーラーでは、インストールされるデバイスおよびツールを選択するためのオプションが表示されます。

[Installation Options] で選択できるインストール後のオプションは、次のとおりです。

  • [Enable WebTalk ...]
  • [Install Cable Drivers]
  • [Acquire or Manage a License Key]
  • [Install WinPCap ...]
  • [Launch configuration manager ...]

これらは、Vivado インストールの完了後に起動または実行されるタスクです。

ユーザーまたは管理者は、使用可能なデザイン ツールまたはデバイスのサブセットをインストールすると、[Add Design Tools or Device] ((Xilinx Answer 60112) を参照) を使用して、追加のツールまたはデバイスをいつでもインストールできます。

ただし、インストール後のオプションの 1 つのみを実行することを希望している場合に [Add Design Tools or Devices] をクリックすると、次のようなメッセージが表示されます。

You must select additional tools or devices to complete the installation.

ソリューション

Vivado 2014.3 以降では、Vivado メニュー グループで [Add Design Tools or Devices] をクリックすると、以前にエラーが発生した場合はインストール後のプロセスの実行が許可されます。

Vivado 2014.1 および Vivado 2014.2 では、次の手順に従ってこのようなタスクを実行する必要があります (注記 : 下に説明する手動操作は、Vivado 2014.1 以降に適用できます)。

[Installation Options] で選択できるオプションは主要なインストールの後でのみ起動されるため、続行する前に追加のデバイスまたはデザイン ツールを選択するよう指示するメッセージが Vivado インストーラーで表示されます。  

場合によっては、これは不可能 (すでにインストールされているため) または不適切です。

インストール後のオプションはすべて、個々の実行ファイルとして実行できます。

[Installation Options] で選択できるインストール後のタスクの起動または実行に関する詳細は、次のアンサーを参照してください。

WebTalk の有効化 (Xilinx Answer 56664)

config_webtalk Tcl コマンドを使用するか、または Vivado IDE で [Tools] → [Options] を選択します。

ケーブル ドライバーのインストール (Xilinx Answer 59128)

Windows : 

<installRoot>\<Product>\2014.1\data\xicom\cable_drivers\nt(64)\install_drivers_wrapper.bat <installRoot>\<Product>\2014.1\data\xicom cable\drivers\nt(64) <installRoot>\.xinstall\cable_driver_install.log 

Linux : 

<installRoot>/data/xicom/cable_drivers/lin(64)/install_script/install_drivers/install_drivers  >><installRoot>/.xinstall/cable_driver_install.log <installRoot>/<Product>/2014.1

ライセンス キーの取得または管理 (Xilinx Answer 60013)
 

Vivado License Manager (VLM) を使用します ([スタート] メニューまたは Vivado IDE の [Help] メニューで [Manage Xilinx Licenses] をクリック)。

WinPCap のインストール

Vivado インストール ディレクトリから WinPCap.exe インストール実行ファイルを実行します (<installRoot>\Vivado\2014.1\data\sysgen\4.1.1-WinPcap.exe)。

コンフィギュレーション マネージャーの起動

1) デバイス ファイル リストを生成します。

Windows :

<installRoot>\Vivado\2014.1\bin\vivado.bat -nolog -nojournal -mode batch -source <installRoot>\.xinstall\Vivado_2014.1\scripts\xlpartinfo.tcl -tclargs <installRoot>\Vivado\2014.1\data\parts\installed_devices.txt

Linux :

<installRoot>/Vivado/2014.1/bin/vivado -nolog -nojournal -mode batch -source <installRoot>/.xinstall/Vivado_2014.1/scripts/xlpartinfo.tcl -tclargs <installRoot>/Vivado/2014.1/data/parts/installed_devices.txt

2) System Generator を実行します。

System Generator の初回実行時にコンフィギュレーション マネージャーが自動的に起動され、関連付けが行われていない場合は System Generator for DSP が MATLAB に関連付けられます。

Windows OS では、Microsoft 再頒布可能プログラム (vcredist.exe) もインストール後にインストールされます。

このパッケージは、Vivado を正しく実行するために必要です。

ほとんどのコンピューターにはパッケージが既にインストールされているため、インストール後のこのタスクを完了できない場合でも問題はありません。

ただし、Vivado IDE が開かない場合は、再頒布可能パッケージが問題となっている可能性があります。詳細は (Xilinx Answer 59304) を参照してください。

次の Visual C++ 実行ファイルを両方とも実行します。

  • <installpath>\tps\win32\vcredist_x86.exe
    <installpath>\tps\win64\ vcredist_x64.exe
AR# 60111
日付 07/13/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
  • Vivado Design Suite - 2014.1
このページをブックマークに追加