AR# 60195

Vivado IP フロー - IP パッケージャーでパッケージされた IP を変更し、その変更を後で破棄しても、HDL ファイルに加えた変更内容が完全には破棄されない

説明

IP パッケージャーでパッケージされた IP を変更し、その変更を後で破棄しても、HDL ファイルに加えた変更内容が完全には破棄されません。

次の作業を行うと、問題が発生します。

  1. IP パッケージャー フロー GUI の [Edit] を使用して、IP の HDL ファイルの一部を変更しました。
  2. GUI でこの変更をマージしました。
  3. 後で、変更を破棄することにしました。


IP パッケージャーの GUI を閉じると、次のメッセージが表示されました。

"Do you want to re-package your IP and upgrade any matching IP Instance?" (IP を再パッケージし、一致する IP インスタンスをアップグレードしますか)

[No] をクリックしました。

"Do you want to save your changes?" (変更を保存しますか)

[No] をクリックしました。

後で、HDL への変更が入ったままで、破棄されていないことに気づきました。

component.xml ファイルは変更されていませんでしたが、このファイルで使用される HDL ファイルは変更されていました。

ソリューション

パッケージ構造自体のみにキャンセルが適用されていて、パッケージされた IP の個々のファイルへの変更はキャンセルされていないため、この問題が発生します。

今後のアップデートでは、HDL を元のパッケージされた HDL ファイルの状態に戻すか、または HDL への変更が適用されたことを警告としてユーザーに知らせるようにする予定です。

AR# 60195
日付 10/13/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール 詳細 概略