UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 60197

10 Gigabit Ethernet MAC v13.0 - TX 統計におけるオーバーサイズ フレーム カウントの修正

説明

10 Gigabit Ethernet MAC v13.0 (Rev. 1) およびそれ以前では、MTU (最大伝送単位) を使用したりジャンボ フレームを無効にしたりすると、オーバーサイズ フレーム カウントがフレームよりも多くなることがあります。

- ジャンボ フレームがトランスミッタで無効になっている場合にジャンボ フレームが送信されると、TX フレーム長カウント (TX_STATISTICS_VECTOR の一部) は、VLAN フレーム以外の場合は 1518、VLAN フレームの場合は 1522 になる必要があります。

現在、これは 1526 になります。

- TX 側で MTU が有効な値に設定されている場合、カウンターは、設定された MTU サイズよりも常に 8 多い値になります。


ソリューション



Vivado 2014.1 でリリースされたコア v13.1 では、フレーム長カウントが、ジャンボ フレームが無効になっていれば最大フレーム サイズ (VLAN フレーム以外の場合は 1518、VLAN フレームの場合は 1522) になるように、または MTU が有効になっていれば MTU になるように修正されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54252 LogiCORE IP 10G Ethernet MAC - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 60197
日付 04/17/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加