AR# 60358

ZC702 および ZC706 の 2014.1 lwIP デザインで ping 応答がない

説明

2014.1 で lwIP を使用すると、ping が正しく機能しません。

ソリューション

この問題を修正するには、次の変更を加える必要があります。

次のファイルを変更する必要があります。

C:\Xilinx\SDK\2014.1\data\embeddedsw\ThirdPart\sw_services\lwip140_v2_0\data\lwip140.tcl

867 行目 :

set ethernet_instance [get_property CONFIG.INSTANCE $emac]
これを次のように変更します。

set ethernet_instance [get_property NAME $emac]

 BSP を再生成すると、次のファイルが変更されています。

 <SDK Project>\<LwIP BSP>\ps7_cortexa9_0\libsrc\lwip140_v2_0\src\contrib\ports\xilinx\netif\xtopology_g.c

 変更前 :

struct xtopology_t xtopology[] =

{

                {

                                0xE000B000,

                                xemac_type_emacps,

                                0x0,

                                0x0,

                                0xF8F00100,

                                0x0,

                },

};

 

変更後 :

               struct xtopology_t xtopology[] =

               {

                {

                                0xE000B000,

                                xemac_type_emacps,

                                0x0,

                                0x0,

                                0xF8F00100,

                                0x36,

                },

};

 

これにより問題が解決され、lwIP が ping に応答できるようになります。

この問題は ZC702 および ZC706 特定ではなく、Vivado 2014.1 のすべての Zynq lwIP デザインに影響します。

この問題は、2014.2 で修正される予定です。

AR# 60358
日付 11/13/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
Boards & Kits