UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 60755

Zynq-7000 SoC – 2014.1 でEMIO TPIU をイネーブルにするとブートされない

説明

EMIO TPIU がイネーブルの場合、QSPI/SD がブートされません。

DEBUG_FSBL_INFO をイネーブルにしましたが、メッセージが何も出力されません。

また、JTAG を XMD を介して接続できません。

この問題はなぜ発生しますか。また回避策はありますか。

ソリューション

EMIO TPIU をイネーブルにすると、DBG_CLK_CTRL の bit6 を設定することにより TRACE_CLK に外部入力クロックを選択できます。

ただし、TPIU レジスタを設定する前に PL に電源が投入され、コンフィギュレーションされていることが必要です。

QSPI/SD ブート中、FSBL により TRACE_CLK が EMIO に切り替えられ、その後 TPIU CurrentSize レジスタ (0xf8803004) に書き込まれます。

このため、デバッグ サブシステムに入力されるアクティブ クロックがないので、システムが停止します。

このレジスタ書き込みは不要で、システムが起動して動作し始めた後にデバッガーにより CurrentSize を変更できます。

この問題を解決するには、ps7_init.c ファイルで 0xf8803004 への書き込みをコメントアウトしてください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
46915 Zynq-7000 デバッグ - ZC702 ボードでの EMIO を介した TRACE ポートの設定 N/A N/A
AR# 60755
日付 06/13/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits
このページをブックマークに追加