UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 60769

2013.4 Vivado インプリメンテーション - ユーザー制御なしで入力 FF が IDDR に変換される

説明

複数の FF を駆動する入力パスの場合、ILOGIC コンポーネントに配置される必要のある IDDR に 2 つの FF が変換されることがあります。

このコンフィギュレーションではホールド タイム問題が発生しましたが、IDDR 変換を防ぐことによってこの問題を解決できました。

変換は、必須ロジック最適化というバイパスできないフェーズによって実行されます。

期待どおりに最適化を防ぐにあたって、IOB=FALSE および DONT_TOUCH は影響を与えていないことがわかっています。

ソリューション

必須ロジック最適化で IOB=FALSE および DONT_TOUCH プロパティが考慮されるよう、変更リクエストが提出されています。

これは、リリース 2014.3 で修正される予定です。

入力パスで LUT1 バッファーをインスタンシエートし、DONT_TOUCH プロパティを適用して削除を防ぐと、この問題を回避できます。

これにより、FF が I/O コネクティビティから隔離され、IDDR 変換を避けることができるはずです。
AR# 60769
日付 05/22/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex-7
ツール
  • Vivado Design Suite - 2014.1
  • Vivado Design Suite - 2013.4
このページをブックマークに追加