AR# 60821

Vivado 2014.2 - Zynq-7000 サンプル デザイン - ブロック RAM から OCM へのキャッシュ コヒーレントの CDMA 転送

説明

このサンプル デザインでは、M_AXI_GP0 を介して CPU に接続される 4K のブロック RAM が割り当てられています。

同じブロック RAM には CDMA からもアクセス可能です。

ブロック RAM は、CPU により初期化されます。単純モードの CDMA は、ブロック RAM から ACP ポートを介して OCM にデータを転送します。

転送はキャッシュ コヒーレントで、転送完了時に、キャッシュを無効にしたり、消去することなく OCM がアップデートされていることが CPU で確認されます。

注記: サンプル デザインはアンサーに添付されており、またアンサーの本文には Zynq-7000 で特定の機能をテストするための技術情報が記載されています。

コードの抜粋、スナップショット、図、またはザイリンクス ツールの特定バージョンでインプリメントされたデザインなどが記載されています。

これらのヒントを今後のザイリンクス ツール リリースにアップデートして、サンプル デザインを必要に応じて修正することも可能です。

これらのサンプル デザインに対するサポートには制限があります。

ソリューション

インプリメンテーションの詳細

デザイン タイプ

PS および PL

ソフトウェア タイプ

スタンドアロン

CPU

シングル CPU @ 667MHz

PS 機能

MMU、OCM

PL コア

BRAM、CDMA

ボード/ツール

ZC702

ザイリンクス ツール バージョン

Vivado 2014.2

その他の詳細

FCLK @ 50MHz

アドレス マップ







提供されているファイル

cdma_acp_design.zip

 アーカイブされた Vivado プロジェクト

cdma_acp_bd.tcl

ブロック デザインを作成するための Tcl ファイル

hello_axi_cdma.c

コードの抜粋

 ブロック図

 






 

詳細手順

  1. アーカイブされたデザインを Vivado にインポートし、SDK にエクスポートします。または ZC702 ボード ベースのデザインを作成して、cdma_acp_bd.tcl を実行してブロック デザインを作成します。
  2. SDK で Empty Application サンプルを作成します。
  3. 含められている C コードの抜粋をインポートします。
  4. Vivado で生成されたビットストリームを使用して PL をプログラムします。
  5. アプリケーションを実行します。

注意事項

  1. HIGH OCM は ACP ポートからアクセスできるようにする必要があります。


  2. MMU 表には共有可能な HIGH OCM があります。

          /* S=b1 TEX=b100 AP=b11, Domain=b0, C=b1, B=b1 */
          Xil_SetTlbAttributes(0xFFF00000,0x10C06);

結果

ターミナルで、テストの終わりに、デスティネーション メモリがソース メモリと一致している必要があります。

特別なソフトウェアがインプリメントされていない状態で CDMA によりデータが転送されていることが CPU で確認されます。 

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
cdma_acp_bd.tcl 10 KB TCL
hello_axi_cdma.c 4 KB C
cdma_acp_design.zip 13 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
50826 Zynq-7000 サンプル デザイン - ブロック RAM から OCM へのキャッシュ コヒーレントの CDMA 転送 N/A N/A
AR# 60821
日付 11/08/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits