AR# 60832

Aurora 8B10B v10.2 - Ultrascale - 一部のコア コンフィギュレーションでホールド違反が発生する

説明

Aurora 8B10B の一部のサンプル デザインを UltraScale デバイスでインプリメンテーションすると、次のようなクリティカル警告が表示されます。

CRITICAL WARNING: [Timing 38-282] The design failed to meet the timing requirements. Please see the timing summary report for details on the timing violations.


このアンサーでは、このタイミング問題を修正するために必要な変更を示します。

ソリューション

1. <component_name>_exdes.v ファイルを開き、次に示すようにザイリンクス BUFG プリミティブを INIT_CLK_IN クロック入力ピンに追加します。

BUFG init_clk_bufg

   (

      .I     (INIT_CLK_IN)

      .O   (init_clk_i),

   );

 2. <component_name>_exdes.v ファイルの aurora_module_i インスタンシエーションの init_clk_in ポート接続を変更します。

変更前 :

. init_clk_in(INIT_CLK_IN),

変更後 :

.init_clk_in(init_clk_i),

ファイルを保存し、インプリメンテーションを実行します。 

改訂履歴 :

2014/05/27 - 初版

AR# 60832
日付 06/23/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP