AR# 60856

Vivado インプリメンテーション - 「ERROR: [Chipscope 16-119] Implementing debug core dbg_hub failed.」というエラー メッセージが表示される

説明

opt_design を実行すると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

opt_design failed
ERROR: [Chipscope 16-119] Implementing debug core dbg_hub failed.
ERROR: An unknown error has occurred while implementing debug cores in this design.

または

ERROR: [IP_Flow 19-3805] Failed to generate and synthesize debug IP "xilinx.com:ip:xsdbm:1.0".
ERROR: [IP_Flow 19-167] Failed to deliver one or more file(s).
ERROR: [IP_Flow 19-3505] IP Generation error: Failed to generate IP 'dbg_hub_CV'. Failed to generate 'Verilog Synthesis' outputs: 
ERROR: [IP_Flow 19-98] Generation of the IP CORE failed.

ERROR: [Chipscope 16-119] Implementing debug core dbg_hub failed.
ERROR: Could not generate core for dbg_hub. Aborting IP Generation operation.
         ERROR: [Chipscope 16-218] An error occurred while trying to create or get a cached instance from the IP cache manager:
         "IP generation failed see log file in e:/jinhua/prj/sample/dvcs2_4k/prj_submit/dvcs2_4k_input_processor_fpga_app/dvcs2_4k_input_processor_fpga_app.runs/impl_1/.Xil/Vivado-164820-CNSH1AECPC040/dbg_hub_CV.0/out
ERROR: [IP_Flow 19-167] Failed to deliver one or more file(s).
ERROR: [IP_Flow 19-3505] IP Generation error: Failed to generate IP 'dbg_hub_CV'. Failed to generate 'Verilog Synthesis' outputs: 
ERROR: [IP_Flow 19-98] Generation of the IP CORE failed.

ソリューション

フェーズ 1 でデバッグ コアを生成中に、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Phase 1 Generate And Synthesize Debug Cores
INFO: [IP_Flow 19-234] Refreshing IP repositories
INFO: [IP_Flow 19-1704] No user IP repositories specified
INFO: [IP_Flow 19-2313] Loaded Vivado IP repository 'C:/Xilinx/Vivado/2014.2/data/ip'.
INFO: [IP_Flow 19-3826] Re-using generated and synthesized IP, "xilinx.com:ip:labtools_xsdb_master_lib:3.0", from Vivado Debug IP cache, "C:/Projects//project_1/project_1.cache/2aa2f6b8".

キャッシュ内のデバッグ ハブは同期していないため、次のコマンドを使用してクリアする必要があります。

Vivado 2014.x :

update_ip_catalog -clear_ip_cache

Vivado 2015.1 以降のバージョン :

check_ip_cache -clear_output_repo

この問題が Windows マシンで発生した場合、根本的な問題は通常、パスの長さの問題によりデバッグ ハブが生成されないことです。

Windows でサポートされるパスの最大文字数は 260 文字です。

デバッグ ハブはテンポラリ フォルダーに生成され、パスの長さ制限に違反することがあります。

パスの長さを短くし、デバッグ ハブを再生成することをお勧めします。

AR# 60856
日付 08/10/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP