UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 61144

Vivado - upgrade_ip および generate_target スクリプト コマンドの実行後に OOC 関連ファイル (dcp/stub/funcsim ファイル) が生成されない

説明

IP コアを含む Vivado プロジェクトがあります。

この IP コアでは、IP ディレクトリに OOC 関連ファイルがありました。

upgrade_ip コマンドを使用して最新版の IP を取得しました (新しいバージョンの Vivado に移行した場合や、IP パッケージャーを使用してユーザー IP を編集した場合など)。

その後、generate_target コマンドを使用して出力ファイルを再生成しましたが、OOC 関連ファイル (dcp/stub/funcsim ファイル) が IP ディレクトリに生成されません。

また、これらは [IP Sources] タブにも表示されません。 

ソリューション

Tcl コンソールから upgrade_ip を実行した場合、IP は問題なくアップグレードされ、OOC コンテキスト内にとどまります。

その後で IP を生成すると、フローで HDL ファイルが正しく渡され、OOC 合成 run が起動されて実行が完了します。

しかし、その後出力が IP に登録されません。

ここでの Tcl コマンドのシーケンスは、次のとおりです。

upgrade_ip <ip> 
generate_target all [get_files <ip.xci>]
reset_run <ip>_synth_1
launch_run <ip>_synth_1

これらのコマンドが完了すると、次のようになります。
 
  1. 新しく生成された .dcp ファイルは、IP ディレクトリにコピーされず、また funcsim モデルでもない。
  2. BOM ファイルでこれらが参照されない (この状況ではこれは正しい)。
  3. 古い funcsim モデルが IP ディレクトリに残る。


Vivado GUI を使用すると、正常に処理されます。 

GUI からアップデートおよび再生成した後で Tcl コンソール出力を確認すると、次のような Tcl コマンドがあるのがわかります。
 
upgrade_ip -srcset <ip> -vlnv [get_ips <ip>] 
delete_ip_run [get_ips <ip>]
generate_target all [get_files <ip>.xci]
create_ip_run [get_files -of_objects [get_fileset sources_1] <ip>.xci]
launch_run <ip>_synth_1

重要な違いは、delete_ip_run および create_ip_run コマンドです。

これらの手順を Tcl コマンドに追加すると、フローは問題なく機能します。

AR# 61144
日付 06/20/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • FPGA Device Families
ツール
  • Vivado Design Suite - 2013.4
このページをブックマークに追加