AR# 61303

7 Series Transceiver Wizard 3.3 - [TX off] がオンになっている場合に VHDL エラーが発生する

説明

Vivado 2014.2 の 7 Series Transceiver Wizard に対する 2 つの設定シナリオでは、VHDL コードのエラーにより Out of Context (OOC) 合成が実行されません。

1. [TX off] がオンになっていても、RX に対する USRCLK ソースとして TXOUTCLK がまだアクティブな場合 : 次のようなエラー メッセージが表示されます (TXOUTCLK を使用している場合に TX をパワーダウンすると、いずれにしても機能しなくなる可能性がある)。

GTP/GTH (デフォルトのウィザード設定、[TX off] がオン) :
 

ERROR: [Synth 8-1031] gt0_txusrclk_in is not declared [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0/gtwizard_0_init.vhd:496]



GTX では、エラーは発生しません。

2. [TX off] がオンになっており、QPLL が使用される場合 : 次のようなエラー メッセージが表示されます。

GTX/GTH (デフォルトのウィザード設定、[TX off] がオン、RX に対して QPLL を選択、RX に対するクロック ソースとして RXOUTCLK を使用) :

ERROR: [Synth 8-1031] gtrefclk0_in is not declared [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:786]
ERROR: [Synth 8-1649] attribute event requires a static signal prefix [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:786]
ERROR: [Synth 8-1031] gtrefclk0_in is not declared [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:786]
ERROR: [Synth 8-1031] gtrefclk0_in is not declared ....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:784]
ERROR: [Synth 8-1031] gtrefclk0_in is not declared [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:800]
ERROR: [Synth 8-1031] cpllreset_in is not declared [....../test/project_3/project_3.srcs/sources_1/ip/gtwizard_0_0/gtwizard_0_gt.vhd:801]


ソリューション

これらのエラーを回避するには (特に 2 つ目の設定シナリオにおいて)、GUI で TX をイネーブルにする必要があります。

また、コアに接続されている場合に TX のパワーダウンを実行するためのオプションのポートとして TXPOWERDOWN を GUI で選択することもできます。


AR# 61303
日付 08/25/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP