UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 61429

ライセンス - 「xilinxd exited with status 53 (Incorrect value for the environment variable LM_BINDING_AGENT)」というメッセージが表示される

説明

証明書ベースのライセンスに対してフローティング サーバーを起動しようとすると、次のようなメッセージがログに表示されます。

14:14:59 (lmgrd) pid 10300
14:14:59 (lmgrd) Done rereading
14:14:59 (lmgrd) FlexNet Licensing (v11.11.0.0 build 106800 x64_n6) started on RA035245 (IBM PC) (6/25/2014)
14:14:59 (lmgrd) Copyright (c) 1988-2012 Flexera Software LLC. All Rights Reserved.
14:14:59 (lmgrd) World Wide Web:  http://www.flexerasoftware.com
14:14:59 (lmgrd) License file(s): C:\Xilinx\ra035245_VivadoDesignEdition_06_17_14.lic
14:14:59 (lmgrd) lmgrd tcp-port 2100
14:14:59 (lmgrd) Starting vendor daemons ...
14:14:59 (lmgrd) Started xilinxd (pid 11644)
14:15:04 (lmgrd) xilinxd exited with status 53 (Incorrect value for the environment variable LM_BINDING_AGENT)
14:15:04 (lmgrd) No feature will be served.

ソリューション

通常、ライセンス ユーティリティが個別にダウンロードされており、Vivado がインストールされていない Windows ライセンス サーバーで発生します。

このエラーは、Windows マシンに Microsoft Visual C++ の再配布可能ライブラリがインストールされていない場合に発生する可能性があります。

フローティング ライセンスのサーバーを起動するのに LMTOOLS を使用している場合は、サーバーを停止して、 などの標準コマンドを使用してサーバーを開始してください。 lmgrd -c <full_path_to_license_file>\xilinx.lic

これで発生している問題に関してさらに情報を得ることができます。たとえば、プログラムが起動しない場合は、MSVCR110.dll がコンピューターにないということになります。

この問題を修正するには、プログラムを再インストールしてみてください。

MSVCR110.dll は Microsoft Visual C++ 再配布可能 dll であり、Visual Studio 2011 (MS = Microsoft、V = Visual、C = C++、R = 再配布可能) で構築されたプロジェクトに必要です。

この場合は、ザイリンクス被許諾者側 daemon に必要な、Microsoft C++ ランタイム ライブラリをインストールして問題を解決できます。

再配布可能なライブラリはマイクロソフト社のウェブサイトからダウンロードできます (x86 または x64 エディション)。

http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=30679

適切な再配布可能パッケージをダウンロードしてインストールすると、この問題は修正されます。

 

v11.11 の lmgrd および Mentor 社の v11.11.1.1 の lmgrd を使用している場合も、競合が発生する場合があります。

この問題を回避するには、v11.6 のザイリンクス ツールを使用します。

 

1) Xilinx.com → [ダウンロード] → [2012.4] をクリックし、v11.6 のライセンス管理ツールをダウンロードします (直接リンク - https://japan.xilinx.com/member/forms/download/xef.html?filename=windows_flexlm_v11.6.zip&akdm=0)。

2) ライセンス ツールを抽出し、抽出したフォルダーから LMTOOLS を実行します。ザイリンクス サービスに対する lmgrd および xilinxd の実行ファイルのディレクトリを、この解凍したフォルダーの場所に変更します。

3) ザイリンクス ライセンス ファイルを開き、新しい xilinxd 実行ファイルへの絶対パスを含むように VENDOR 行を編集します。

次のようになります。

VENDOR xilinxd C:\path\to\xilinxd.exe

4) LMTOOLS からサーバーを起動します。

注記: v11.6 を使用すると、ザイリンクスで使用されるアクティベーション ベースのライセンスを使用できなくなります。

AR# 61429
日付 07/06/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 14
  • ISE Design Suite - 14.7
  • ISE Design Suite - 14.6
  • More
  • ISE Design Suite - 14.5
  • ISE Design Suite - 14.4
  • ISE Design Suite - 14.3
  • ISE Design Suite - 14.2
  • ISE Design Suite - 14.1
  • Vivado Design Suite - 2014.2
  • Less
このページをブックマークに追加