AR# 61489

|

ELF ファイルのディスアセンブル コードの表示方法

説明

ELF ファイルのディスアセンブル コードを SDK で表示するにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

ELF ファイルのディスアセンブル コードを表示させる方法は 2 つあります。

ディスアセンブル ビュー

これは、ターゲットでデバッグ セッションを実行しているときにのみ使用できます。

SDK で、[Window] → [Show View] → [Other] をクリックし、「disassembly」と入力して、ウィンドウを追加すると、ディスアセンブル ビューに ELF ファイルが表示されます。





OBJDUMP

objdump binutil を使用すると、ELF ファイルから *.s ファイルへディスアセンブル コードをダンプするため オブジェクト ファイルの情報が表示されます。

mb-objdump -D <ELF file name> > output.S;
arm-none-eabi-objdump -D <ELF file name> > output.S;
armr5-none-eabi-objdump -D <ELF file name> > output.S;
aarch64-none-elf-objdump -D <ELF file name> > output.S;

 

 

test.s ファイルを表示するにはテキスト エディターを使用できます。


 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
66297 SDK - デザイン アシスタント N/A N/A
AR# 61489
日付 06/11/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
People Also Viewed