AR# 61736

SEM IP Soft Error Mitigation - Spartan 6 デバイスをターゲットにした LFA でエラー挿入するときの有効なアドレス範囲

説明

SEM IP エラー挿入機能は、SEM IP の機能をハードウェアベースで評価する便利な機能です。これを利用して、IP が意図したとおりに大きなデザインに統合されていることを確認するためのテストを実行することができます。

コンフィギュレーション メモリにエラー挿入を実行する場合は、(ザイリンクス アンサー 61241) にある Soft Error Mitigation IP ガイダンスに従うようにしてください。

ソリューション

Spartan-6 デバイスの場合、エラー挿入および検出の有効な LFA の範囲は、LFA 0000000 から LFA 最大フレーム (MF) までです。

ターゲット デバイスの最大フレーム値は、モニターインターフェイスの Status Report コマンドを使用すると利用できます。

値は以下の表にもリストされています。

デザインでどの GT が使用されているかによって、SEM IP 生成のときに開始アドレス、または最大アドレスの範囲が設定されます。

IP がエラーをスキャンする範囲と同じ範囲にエラー挿入の範囲も設定する必要があります。

(ザイリンクス アンサー 52716) Spartan-6 FPGA のデザイン アドバイザリ - SEM_IP または POST_CRC を含むコンフィギュレーション リードバックを実行すると、電力分配ネットワーク ノイズが発生し SelectIO および GTP インターフェイスに影響するを参照してください。

これらのデバイスにはGTなし。タイプ 0 フレームをすべてカバー 下位アドレス 上位アドレス
SF (10 進数) SF (16 進数) MF (16 進数) MF (10 進数)
LX4 0 0 2026 7EA
LX9 0 0 2026 7EA
LX16 0 0 2974 B9E
LX25 0 0 5063 13C7
LX45 0 0 9086 237E
LX75 0 0 15382 3C16
LX100 0 0 20302 4F4E
LX150 0 0 27238 6A66
LXT デバイス - しかし GT 行はスキップしない (上の範囲と同じ)タイプ 0 のフレームはすべてカバー 下位アドレス 上位アドレス
SF (10 進数) SF (16 進数) MF (10 進数) MF (16 進数)
LX25T 0 0 5063 13C7
LX45T 0 0 9086 237E
LX75T 0 0 15382 3C16
LX100T 0 0 20302 4F4E
LX150T 0 0 27238 6A66
LXT デバイス - 1 番上の GT 行に飛んで MF を減らす 下位アドレス 上位アドレス
MF (10 進数) MF (16 進数)
LX25T 4050 FD2
LX45T 7950 1F0E
LX75T 14100 3714
LX100T 18610 48B2
LX150T 24968 6188
LXT デバイス - 1 番下の GT 行に飛び SF を増やす 下位アドレス 上位アドレス
SF (10 進数) SF (16 進数)
LX75T 1280 500
LX100T 1690 69A
LX150T 2268 8DC
AR# 61736
日付 10/22/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP