AR# 61900

|

2014.2 - Vivado ロジック デバッグ - 合成済みデザインからデバッグ コアを削除してもすべての XDC 制約が削除されない

説明

デザインからデバッグ コアを削除しても、一部の制約が完全に削除されないことがあります。

これが原因で、クリティカル警告メッセージがそのようなオブジェクトに対して表示される場合があります。
 
例を次に示します。

XDC ファイルからは次の行が削除されていません。

set_property C_CLK_INPUT_FREQ 300 [get_debug_cores dbg_hub]
set_property C_ENABLE_CLK_DIVIDER false [get_debug_cores dbg_hub]
set_property C_USER_SCAN_CHAIN 1 [get_debug_cores dbg_hub]
connect_debug_port dbg_hub/clk [get_nets clk]

そのため、次のようなクリティカル警告メッセージが表示されます。

WARNING: [Vivado 12-750] There are no ChipScope debug cores in this design. [/proj/.../dut.xdc:11]
CRITICAL WARNING: [Common 17-55] 'set_property' expects at least one object. [/proj/.../dut.xdc:11]
WARNING: [Vivado 12-750] There are no ChipScope debug cores in this design. [/proj/.../dut.xdc:12]
CRITICAL WARNING: [Common 17-55] 'set_property' expects at least one object. [/proj/.../dut.xdc:12]
WARNING: [Vivado 12-750] There are no ChipScope debug cores in this design. [/proj/.../dut.xdc:13]
CRITICAL WARNING: [Common 17-55] 'set_property' expects at least one object. [/proj//.../dut.xdc:13]
CRITICAL WARNING: [Vivado 12-1419] Debug core 'dbg_hub' was not found. [/proj/.../dut.xdc:14]

ソリューション

これらのクリティカル警告メッセージは、無視しても問題ありません。
AR# 61900
日付 10/15/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
People Also Viewed