AR# 61922

Vivado 合成 - 非対称ブロック RAM (BRAM) の推論にパリティ ビットは使用されるか

説明

Vivado 合成では非対称ブロック RAM の推論にパリティ ビットは使用されますか。

たとえば、書き込みポートが 9x4K で読み出しポートが 36x1K の場合、読み出しポートにパリティ ビットを使用すれば 1 つのブロック RAM に収まります。

パリティ ビットを使用しない場合、2 つのブロック RAM が使用されます。

ソリューション

Vivado 合成では非対称ブロック RAM の推論でパリティ ビットはサポートされていません。

そのため、非対称 RAM のポート幅が 36 ビットの場合、ブロック RAM の使用率が予測以上になることがあります。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
57854 2014.1 Vivado 合成 - 非対称 BRAM の推論のパターンによってはエラーが発生する N/A N/A
AR# 61922
日付 04/05/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール