AR# 61980

Zynq-7000 SoC - Zynq-7000 で利用可能な低電力テクニックまたは電力最適化テクニック

説明

Zynq-7000 ではどのような低電力テクニックまたは電力最適化テクニックが利用できますか。

ソリューション

Zynq パワー マネージメント

Zynq Linux ソリューションで使用されるパワー マネージメント機能とフレームワークについて説明します。

 

Zynq-7000 SoC 低電力テクニック パート 1 - パワー デモのインストールおよび実行に関するテクニカル ヒント

PS および PL 周波数およびロードのユーザー入力に基づいて、CPU 使用率およびパワー消費をグラフィカルに表示します。

 

Zynq-7000 SoC 低電力テクニック パート 2 - TI Fusion Power Designer を使用した ZC702 の電力計測のテクニカル ヒント

TI Fusion Power Designer を使用した ZC702 開発プラットフォームでの電力の計測方法を説明します。

 

Zynq-7000 SoC 低電力テクニック パート 3 - スタンドアロン アプリケーションを使用した ZC702 電力の計測テクニカル ヒント

ZC702 開発プラットフォームにある I2C および TI 電力モジュールを介して、ベアメタル アプリケーションによる電力計測方法について説明します。

 

Zynq-7000 SoC 低電力テクニック パート 4 - Linux アプリケーションを使用した ZC702 電力の計測テクニカル ヒント

ZC702 開発プラットフォームにある I2C および TI 電力モジュールを介して、Linux アプリケーションによる電力計測方法について説明します。

 

Zynq-7000 AP SoC 低電力テクニック パート 5 - プロセッシング システムの Linux アプリケーション制御 - 周波数のスケーリングに関するテクニカル ヒント

Linux アプリケーションによるプロセッサ周波数の変更方法、アイドル ステートへの遷移方法、一旦停止ステートへの遷移方法について説明します。

Zynq-7000 AP SoC 低電力テクニック パート 6 - Linux アプリケーションによるプログラマブル ロジックの周波数制御などのテクニカル ヒント

Zynq-7000 AP SoC 低電力テクニック パート 6 - Linux アプリケーションによるプログラマブル ロジックの周波数制御などのテクニカル ヒント

 

Zynq-7000 AP SoC 低電力テクニック パート 7 - プロセッシング システムの Ubuntu アプリケーション制御 - 周波数のスケーリングに関するテクニカル ヒント

Ubuntu 環境内で、アプリケーションが電力消費にどういった影響を与えるのかを理解するため、提供されているアプリケーションを実行したり、アプリケーションを作成してそれを実行することができます。

AR# 61980
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス