AR# 61988

UltraScale DDR4/DDR3 - riu_clk でクロック供給されるパスでホールド違反が見られることがある

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 v6.0、DDR3 v6.0

修正バージョン: DDR4 の場合は (Xilinx Answer 69035)、DDR3 の場合は (Xilinx Answer 69036) を参照

MIG DDR4/3 コアのインプリメンテーションで、次のようなホールド タイム違反が見られることがあります。

Slack (VIOLATED) :        -0.113ns  (arrival time - required time)
  Source:                 u_SN349_virtexuDDR3_vlog_867MHz_vivado/inst/u_ddr3_mem_intfc/u_ddr3_phy/u_ddr_mc_cal/u_ddr_cal/u_ddr_cal_addr_decode/cal_DQOut_post_r_reg[52]/C
                            (rising edge-triggered cell FDRE clocked by riu_clk  {rise@0.000ns fall@4.608ns period=9.216ns})
  Destination:            u_SN349_virtexuDDR3_vlog_867MHz_vivado/inst/u_ddr3_mem_intfc/u_ddr3_phy/u_ddr_mc_cal/u_ddr_cal/u_ddr_cal_addr_decode/cal_DQ_reg[564]/D
                            (rising edge-triggered cell FDSE clocked by mmcm_clkout0  {rise@0.000ns fall@2.304ns period=4.608ns})
  Path Group:             mmcm_clkout0
  Path Type:              Hold (Min at Slow Process Corner)
  Requirement:            0.000ns  (mmcm_clkout0 rise@0.000ns - riu_clk rise@0.000ns)
  Data Path Delay:        0.595ns  (logic 0.252ns (42.353%)  route 0.343ns (57.647%))
  Logic Levels:           2  (LUT4=1 LUT5=1)
  Clock Path Skew:        0.512ns (DCD - SCD - CPR)

ソリューション

これらのホールド タイム違反は SSIT デバイスでよく見られますが、一部のモノリシック インプリメンテーションでも見られることがあります。

これらのホールド タイム違反については現在調査中です。 

この違反が見られる場合は、サービス リクエストを開いてください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69036 UltraScale/UltraScale+ DDR3 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 61988
日付 12/21/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP