AR# 62081

2014.2 SDK、Bootgen - パーティション ヘッダーのロード アドレスが不正

説明

ブート イメージに Zynq FSBL とユーザー アプリケーションが含まれます。

FSBL の後、ユーザー アプリケーションが停止します。

CPU レジスタを見ると、Data Abort が発生しています。

ソリューション

この問題は、パーティション ヘッダーのロード アドレスが不正なために発生します。
 

次は、ブート イメージのパーティション ヘッダーです。
62081_01.png


0xC80 0xCBF: Partition Header for FSBL
0xCC0 0xCFF: Partition Header for the first section of the user application
0xD00 0xD3F: Partition Header for the second section of the user application
 
3 番目のパーティションのロード アドレスが不正です。
 
次は、ユーザー アプリケーション ELF のセクション ヘッダーです。

2 つのセクションがあります。
 
Program Header:
    LOAD off    0x00000074 vaddr 0x0fc00000 paddr 0x0fc00000 align 2**2
         filesz 0x000031e8 memsz 0x000031f0 flags rwx
    LOAD off    0x0000325c vaddr 0x01800000 paddr 0x0fc031f0 align 2**2
         filesz 0x00073ef0 memsz 0x0008db70 flags rw-
 
2 番目のセクションのロード アドレスは「paddr 0x0fc031f0」である必要がありますが、パーティション ヘッダーでは「vaddr 0x01800000」が使用されています。
 
ロード アドレスを 0x0fc031f0 に修正すると、ユーザー アプリケーションは正しくロードされます。
 
この問題は Vivado 2014.3 で修正されています。
 
IDS を使用している場合は、IDS 14.7 用のパッチがあります。
 
対応するプラットフォーム バイナリ/実行ファイルを解凍して対応するインストール パスにコピーします。
 
<Installation folder>\14.7\ISE_DS\ISE\bin\<platform>\

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
14.7_bootgen_patch.zip 1 MB ZIP
AR# 62081
日付 11/27/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス