UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62210

Vivado 2014.2 で MODELSIM PE を使用する方法

説明

Windows 7 の 64 ビット版で 32 ビット版の ModelSim PE および、64 ビット版の Vivado Design Suite を使用すると、エラーが発生します。

 

表示されるエラーは次のようなものです。

/libxil_vsim.dll" failed: Bad DLL format.

過去に利用した回避策は、次の TCL コマンドを使用して、ModelSim ライブラリをコンパイルし、ModelSim PE でシミュレーションを実行するというものでした。

set_property MODELSIM.64BIT 0 [current_fileset -simset]
 

しかし、このコマンドを使用しても、ModelSim PE でシミュレーションはできなくなっています。

# Loading C:/Xilinx/Vivado/2014.2/lib/win32.o/libxil_vsim.dll
# ** Error: (vsim-3193) Load of "C:/Xilinx/Vivado/2014.2/lib/win32.o/libxil_vsim.dll" failed: Bad DLL format.
#
# ** Error: (vsim-PLI-3002) Failed to load PLI object file "C:/Xilinx/Vivado/2014.2/lib/win32.o/libxil_vsim.dll".
#
#         Region: /
# //  ModelSim PE 10.2d Feb 20 2014

 

この問題を修正するためには、次の手順にしたがってください。

 

 

ソリューション

 

ModelSim PE が 32 ビット バージョンで、Vivado が 64 ビット モードで実行されている場合に、この問題が発生します。
 
Vivado 64 ビット モードのプロジェクトはそのまま保持できますが、これを次の方法に従って 32 ビット モードの Vivado で開く必要があります。
 
 
Windows の [スタート] メニューから Vivado プロンプトを開きます。
 
 
p1.png

 
2.Vivado プロンプトで次のように入力します。
 
Vivado m32
 
p2.png



 
3.シミュレーション プロジェクトを開きます。(Vivado の 64 ビット バージョンを使用してビルドされていても関係ありません。)
 
4.32 ビットバージョンの Vivado を開いているときに、32 ビット バージョン用に ModelSim ライブラリを再コンパイルする必要があります。

TCL コンソールで次のように入力します。
  • compile_simlib -simulator ModelSim -32bit -directory ./my_modelsim32_lib/
  • ディレクトリへのパスが正しいこと、そのディレクトリに既にコンパイルされている 64 ビット ライブラリが含まれていないことを確認してください。
    クリーンアップすることをお勧めします。
  • 以下のスクリーン キャプチャにログ ファイル名が赤い四角で囲まれています。
    このログ ファイル名に、「.nt64.」ではなく、「.nt.」が含まれていることを確認します。
  • Vivado 64 ビットでは、set_property MODELSIM.64BIT 0 [current_fileset -simset] が設定されていて、コンパイル フォーマットが 32 ビットになっているにもかかわらず、ログ ファイルの名前が「nt64」となっているため、不正な DLL エラーが発生します。
 
 
p3.png



 
 
5.サードパーティ ツールのオプションで、ModelSim PE が設定されていることを確認してください。
 
 
p4.png



 
6.Vivado からシミュレーションを 1 度実行します。生成された ModelSim DO ファイルが間違っているため、エラーが発生します。
p5.png



 
この DO ファイルにある libxil_vsim.dll ファイルのアドレスを変更して、エラーを修正します。 

Your_Xilinx_install_folder/Vivado/2014.2/lib/win32.o/libxil_vsim.dll
 
7.変更した DO ファイルを ModelSim PE から実行します。
p6.png



 
8.シミュレーションが初期化され実行されます。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
57043 14.6 AXI BFM - ModelSim PE - 「Error: (vsim-3193) Load of "libxil_vsim.dll" failed: Bad DLL format.」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
AR# 62210
日付 12/08/2014
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
デバイス
ツール
このページをブックマークに追加