UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62333

2014.3 - Windows で 32 ビット ModelSim PE/DE を使用した場合、統合シミュレーションはサポートされない

説明

Windows で ModelSim DE/PE 32 ビットを使用してサンプル デザインをシミュレーションしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

# do {board_elaborate.do}

# ** Error: invalid command name "vopt"

# Executing ONERROR command at macro ./board_elaborate.do line 12 


ソリューション

Vivado 2014.3 では、統合シミュレーションは機能しません。これは、ModelSim の DE/PE バージョンでサポートされていない vopt コマンドが使用されるためです。

Windows で ModelSim 32 ビット PE/DE を使用してシミュレーションを実行するには、統合シミュレーションを無効にする必要があります。

統合シミュレーションを無効にするには、次のパラメーターを設定します。

set_param project.enableUnifiedSimulation 0 
Vivado を起動するごとにパラメーターを手動で設定するのではなく、上記のコマンドを含む init.tcl スクリプトを作成して $XILINX_VIVADO/scripts に含めることができます。
($XILINX_VIVADO は Vivado のインストール ディレクトリ)
 

ModelSim および Questa の SE バージョンは、統合シミュレーションで正しく機能します。

この問題は、Vivado リリースで修正される予定です。

AR# 62333
日付 11/26/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加