UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62338

Soft Error Mitigation - SEM IP にクロック供給するための BUFGCE の使用に関する推奨事項

説明

このアンサーでは、SEM IP を適切に動作させるために BUFGCE が有益であることを説明します。

ソリューション

BUFGCE は、SEM コントローラー クロックと共にさまざまな目的で使用できます。

  • クロック マネージメント (PLL、DCM、または MMCM) を使用する場合、クロックが安定し、PLL/DCM のロックが達成されるまで、BUFGCE を使用して SEM コントローラーにクロックのトグルが送信されないようにする必要があります。
     
  • BUFGCE を使用して、デバッグ中に SEM IP をディスエーブルにしたり、スタートアップを遅延させることができます。
    CE ピンを初期にディスエーブルにしておくと、BUFGCE により SEM コントローラーにクロックのトグルが送信されなくなります。
    CE ピンは、システムによりランタイムでイネーブルにして SEM IP を開始できます。
    または、SEM IP の icap_grant 入力を使用して、クロックをディスエーブルにせずに同じ目的を達成することも可能です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54642 Soft Error Mitigation IP コア - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 62338
日付 10/15/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP
このページをブックマークに追加