UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62661

Vivado インプリメンテーション - I/O レジスタが IOB にパックされているかを検証する方法

説明

IOB レジスタが問題なくパックされていることを確認するレポートはありますか。

ソリューション

2014.1 より前の Vivado:

I/O レジスタが IOB に配置されているかをチェックするには、place_design 後に report_io を実行するか [IO Report] (*_io_placed.rpt) を参照して [IOB Sequential Element] を確認します。

次のコマンドを使用してファイルから情報を抽出できます。

cat *io_placed.rpt | awk -F\| '$16 ~ /[A-Z]/ {print "Pin "$2 $16}'

2014.1 ~ 2015.2 の Vivado:

Tcl Store 内に report_io_reg というコマンドを含む UltraFast アプリがあります。

出力テーブルには、ILOGIC と OLOGIC の列があり IOB レジスタを示しています。

このコマンドを実行するには、次の手順に従います。

  1. [Tools] → [Xilinx Tcl Store] をクリックして UltraFast 設計手法がインストールされていることを確認します。
  2. インプリメントされたデザインを開き、Tcl コンソールで次を実行します。

xilinx::ultrafast::report_io_reg.

2015.3 以降の Vivado:

2015.3 以降のバージョンでは、IOB レジスタ情報は report_datasheet レポートに示されます。

[IO Reg Type] 列にある「(IOB)」マークは、セルが IOB に配置されていることを示しています。

このレポートの生成は、Tcl コンソールで report_datasheet -name を実行するか、または [Report Datasheet] をオンにして report_timing_summary を生成することで可能です。

GUI レポートおよびテキスト レポートには I/O Reg Type の情報が含まれます。

AR# 62661
日付 01/04/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加