UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62754

2014.4 - Vivado IP インテグレーター - MCS/MicroBlaze システムに対応する 2 つの BD ファイルを含んでいるデザインに ELF を関連付ける方法

説明

Vivado デザインには、MCS または MicroBlaze を含むブロック図 (BD) が 2 つあります。 

しかし、ELF ファイルを関連付けることができません。

この方法を教えてください。

ソリューション

まず、Vivado プロジェクトに ELF ファイルを追加します。 

次に、ELF を関連付けるために、反対側の BD を右クリックして [Disable File] を選択し、ELF ファイルを関連付けたらファイルを再度イネーブルにします。

もう 1 つの BD ファイルに対して、これを逆順で実行します。

 

または、SCOPED_TO_CELLS (STC) および SCOPED_TO_REF (STR) プロパティを使用して Tcl コマンドから手動でこれを実行することもできます。

STC プロパティは MicroBlaze/MCS セルをポイントするようにします。

STR は、プロセッサ セルを含むモジュールをポイントするようにします。

 

各 BD に MicroBlaze が含まれているシンプル デュアル BD デザインの場合の例は、次のとおりです。

set_property SCOPED_TO_CELLS {microblaze_0} [get_files exceutable_0.elf]
set_property SCOPED_TO_REF mb_0 [get_files exceutable_0.elf]

set_property SCOPED_TO_CELLS {microblaze_0} [get_files exceutable_1.elf]
set_property SCOPED_TO_REF mb_1 [get_files exceutable_1.elf]

 
AR# 62754
日付 11/24/2014
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略
IP
このページをブックマークに追加