AR# 62868

2014.3 配置 - 「ERROR: [Place 30-681] Sub-optimal placement for a global clock-capable IO pin and MMCM pair.」というエラー メッセージが表示される

説明

GCCIO ピンが駆動対象の MMCM と同じクロック領域にないため、次のようなクロック配置エラー メッセージが表示されます。

しかし、解決策にも示されているように、ピンは隣接するクロック領域に配置されています。

コンフィギュレーション エラーが発生する理由を教えてください。

ERROR: [Place 30-681] Sub-optimal placement for a global clock-capable IO pin and MMCM pair. As a workaround for this error, please insert a BUFG in between the IO and the MMCM.
   port_mem_inst/GEN_DDR_MEM_2_IF_ON.MEM_IF/inst/u_ddr4_clk_ibuf_mmcm/diff_input_clk.u_ibufg_sys_clk/IBUFCTRL_INST (IBUFCTRL.O) is locked to IOB_X0Y229
   port_mem_inst/GEN_DDR_MEM_2_IF_ON.MEM_IF/inst/u_ddr4_clk_ibuf_mmcm/MMCM_ADDN_CLK_ENABLE.mmcme3_adv_inst (MMCME3_ADV.CLKIN1) is provisionally placed by clock placer on MMCME3_ADV_X0Y3

...

Resolution: A dedicated routing path between the two can be used if: (a) The global clock-capable IO (GCIO) is placed on a GCIO capable site (b) The MMCM is placed in the same clock region as the GCIO pin. If the IOB is driving multiple MMCMs, all MMCMs must be placed in the same clock region, one clock region above or one clock region below the IOB. Both the above conditions must be met at the same time, else it may lead to longer and less predictable clock insertion delays. For a workaround, please insert a BUFG on the GCIO-MMCM path.



ソリューション

この場合における相違は、GCCIO ピンと同じクロック領域にもう 1 つある MMCM で、ローカルの MMCM と隣接する MMCM が両方とも GCCIO によって駆動されるという限定子はコンフィギュレーションで合致しません。

この条件なしでは、専用のクロック配線リソースに対して競合が発生します。
AR# 62868
日付 11/24/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略