AR# 62969

2014.4 Vivado シミュレータ - 「ERROR: [USF-XSim-62] 'elaborate' step failed with error(s) in Windows platform due to large concatenation of signals」というエラー メッセージが表示される

説明

エラボレーション中に次のエラー メッセージが表示され、xelab.exe が停止します。
 

ERROR: [USF-XSim-62] 'elaborate' step failed with error(s). Please check the Tcl console output or '' file for more information.


この問題は、Windows でのみ発生します。

Linux では、同じデザインでシミュレーションを正しく実行できます。

ソリューション

この問題は、長い信号の連結がある場合に発生します。
 
たとえば、if 文の中に大きな条件式がある場合や、信号代入文の右辺で千個の std_logic_vector が連結されている場合などです。
 
エラボレーション中、HDL パーサーにより連結がたどられ、大きなスタック フレームが形成され、スタック オーバーフローが発生します。 

この問題を回避するには、中間信号を作成して、長い連結を複数の短いものに分割します。
 
この問題は 2015.1 で修正される予定です。

このアンサーに Vivado 2014.4 用のパッチが添付されています。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ar62969_cr835348_xelab_2014_4_preliminary_vivado_patch.zip 13 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 62969
日付 03/16/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール