AR# 63191

PetaLinux 2014.4 - 最新 mainline U-Boot ソースを使用すると U-Boot のコンパイル エラーが発生する

説明

最新 mainline U-Boot ソース コードをフェッチするとき、petalinux-build ツールでシステムをビルドすると、コンパイルできなくなります。

ソリューション

最新の mainline U-Boot は、makefile のオプション rsync --cvs-exclude を使用します。

このオプションが原因で PetaLinux ビルド インフラストラクチャにエラーが発生します。  

この問題は PetaLinux 2014.4 に含まれる U-Boot ソースには影響しません。

次のマスター PetaLinux U-Boot Makefile のパッチを使用してこの問題を回避してください。

components/u-boot/Makefile |    7 ++++++-
 1 files changed, 6 insertions(+), 1 deletions(-)

diff --git a/components/u-boot/Makefile b/components/u-boot/Makefile
index 6c051e3..13fc35a 100644
--- a/components/u-boot/Makefile
+++ b/components/u-boot/Makefile
@@ -123,7 +123,12 @@ $(UBOOTBUILDSRC): $(UBOOTSRC)
        if [ ! -d "$(UBOOTBUILDSRC)" ]; then \
                mkdir -p "$(UBOOTBUILDSRC)"; \
        fi; \
-       rsync -a --cvs-exclude --filter=':C .git/' "$(UBOOTSRC)"/ "$(UBOOTBUILDSRC)"/
+       if [ -f "$(UBOOTSRC)/.gitignore" ]; then \
+               grep -v -e "^#" "$(UBOOTSRC)/.gitignore" > u_boot_source_exclude; \
+       else \
+               echo "" > u_boot_source_exclude; \
+       fi; \
+       rsync -a --exclude-from=u_boot_source_exclude --filter=':C .git/ RCS SCCS CVS CVS.adm RCSLOG cvslog.* *.o' "$(UBOOTSRC)"/ "$(UBOOTBUILDSRC)"/
 ifeq ($(UBOOT_CONFIG),)
        chmod -R a+w "$(UBOOTBUILDSRC)"/include/configs
        if [ -f "$(UBOOT_CONFIGDIR)/config.mk" ]; then \
--
1.7.1

AR# 63191
日付 01/06/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール