AR# 6330

VCS - VCS 用にザイリンクス シミュレーション ライブラリをコンパイルする方法 (Verilog)

説明

キーワード : VCS, UniSims, SimPrims, compile, LogiBLOX, CORE Generator, COREGen, HDL, library, コンパイル, ライブラリ

重要度 : 標準

概要 :
VCS/VCSi の場合、デザインのシミュレーション前に HDL ライブラリをコンパイルする必要があります。 シミュレーション前にコンパイルすると、実行スピードが向上し、メモリを効率よく使用できます。

ソリューション

1

ザイリンクス 6.1i および 5.1i/5.2i ソフトウェアの場合

COMPXLIB ユーティリティを使用して、ライブラリをコンパイルしてください。 COMPXLIB の詳細については、(Xilinx Answer 15338) を参照してください。

2

4.1i/4.2i ソフトウェアの場合 :

ザイリンクスでは、VCS/VCSi シミュレータ用の HDL ライブラリをコンパイルできるユーティリティを提供しています。 このユーティリティは、$XILINX/bin/<platform>/compile_hdl.pl から入手できます。この場合、<platform> は HP、SOL、または NT です。

コマンド ラインで次のように入力すると、このユーティリティが使用できます。

xilperl compile_hdl.pl

3

手動によるモデルのコンパイル :UniSim のコンパイル :
vcs -Mdir=<compile_dir>/unisims_ver $XILINX/verilog/src/unisims/*.v
$XILINX/verilog/src/glbl.v

Uni3000 のコンパイル :
vcs -Mdir=<compile_dir>/uni3000 $XILINX/verilog/src/uni3000/*.v
$XILINX/verilog/src/glbl.v

Uni5200 のコンパイル :
vcs -Mdir=<compile_dir>/uni5200 $XILINX/verilog/src/uni5200/*.v
$XILINX/verilog/src/glbl.v

Uni9000 のコンパイル :
vcs -Mdir=<compile_dir>/uni9000 $XILINX/verilog/src/uni9000/*.v
$XILINX/verilog/src/glbl.v

SimPrim のコンパイル :
vcs -Mdir=<compile_dir>/simprims_ver $XILINX/verilog/src/simprims/*.v
$XILINX/verilog/src/glbl.v

CORE Generator のコンパイル :
ライブラリの抽出方法については、(Xilinx Answer 7859) を参照してください。
vcs -Mdir=<compile_dir>/xilinxcorelib ./XilinxCoreLib/*.v

-Mdir=<compile_dir> オプションを使用すると、生成されたファイルに書き込みを行う中央ディレクトリのパス名が指定されます。 このオプションを指定すると、大型デザインの新規モジュールまたは変更モジュールの生成ファイルをチーム メンバーに提供できるため、これらのモジュールをコンパイルする手間が省けます。
AR# 6330
日付 03/31/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般