AR# 63391

UltraScale GTY のライン レートがデータシートの表 58 の最小値に違反する

説明

『Virtex UltraScale アーキテクチャ データシート : DC 特性および AC スイッチ特性』 (DS893) の表 58 に、出力分周器のライン レートが示されています。

この表から最小ライン レートが誤解釈されることがあります。

たとえば、TXOUT_DIV が 8 に設定されている場合、デザインのライン レートは 1.25Gbps です。 

この表では、この設定に対して最小ライン レートが 2.45Gbps と示されています。

ソリューション

出力分周は TX/RXOUT_DIV だけで決定されるわけではありません。

TX/RXOUTDIV QPLLxCLKOUT_RATE の組み合わせです。 

上記の例では、TXOUT_DIV は 8 に設定されていますが、QPLL0CLKOUT_RATE は HALF に設定されています。 

この組み合わせにより出力分周が 16 となり、これは適切な範囲です。 

出力分周 16 の最小値は 1.225 です。 

qpll 出力分周器を、次の図にオレンジ色のボックスで示します。 

ライン レートが 16Gbps 未満の GTY デザインでは、通常 QPLL0CLKOUT_RATE は HALF に設定されます。 

データシートの今後のリリースで、表 58 を明確にする予定です。

QPLLDIVIDE.JPG

AR# 63391
日付 03/23/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス